ジャパンネット銀行 おまとめローン

おまとめローン > 銀行おまとめローン > ジャパンネット銀行
おまとめローン審査基準

ジャパンネット銀行 ローンカードの評判

ジャパンネットはジャパネット銀行と読み間違われるぐらい、すごい似ている銀行であり、かならず誰かはジャパネットたかたの銀行だよなーと勘違いする銀行ではないでしょうか?ジャパンネットたかたというキーワードで探される方もいるようですし、ちょっと紛らわしい感じになっていますが、関わり的には出資もしていないようですので無関係といってもいいでしょう。

ただ関連性を疑ってしまうほど似ています。
ネット銀行としてはパイオニア的な銀行でもあるのですが、どちらかというと後発のイーバンク銀行(今の楽天銀行)の方が圧倒的な知名度を誇る、楽天銀行に名前が変わると預金残高もかなりのペースにのぼりあがったように思えます。ですが最近は知名度もアップして口座開設をする方が増えてきています。

ネット銀行となるとWEB上での取引となるため、どうしてもネット犯罪を恐れますのでセキュリティがしっかりとしたところを選択基準になりますが、顧客名簿といったものが簡単に漏洩する時代でもあるのでその点は十分に注意しなければなりません。

ジャパンネットおまとめローンは?

ジャパンネットが取り扱っているローンですとネットキャッシングがあります。個人向けに行っているようですので窓口をひろめて獲得に乗り出しているような印象です。そもそも手数料で利益を得るモデルでもありますが、このようにネットキャッシングのような貸付をするビジネスを本格に始動したのは2014年ではないでしょうか?
ご利用限度額 金利
100万円未満 18.0
100万円以上150万円未満 15.0
150万円以上200万円未満 12.0
200万円以上250万円未満 10.0
250万円以上300万円未満 8.0
300万円以上400万円未満 6.5
400万円以上500万円未満 6.0
500万円以上600万円未満 5.5
600万円以上700万円未満 5.0
700万円以上800万円未満 4.0
800万円以上900万円未満 3.5
900万円以上1,000万円未満 3.0
1,000万円 2.5
金利を見てみますとざっくりとした感じですが、100万円未満の限度額であれば18.0パーセントという水準になっています。住信SBIネット銀行みずほ銀行と比べてみますと金利が高い印象を受けます。

100万円を60回払いで金利18.0で借りた場合、月々の返済額が25394円
返済総額にすると1523640円という結果になります。

住信SBIネット銀行の上限金利を7.99%とした場合
100万円を60回払いで金利7.99で借りた場合、月々の返済額が20272円
返済総額にすると1216320円という結果になります。

月々の差額が5122円 総額で307320円になります。
限度額が低い契約となりますと、リスクを避けるために金利が高い設定となっていることから、返済の総額も高い結果になっています。

肝心のおまとめローンを利用するという条件でみてみますと
1000万という最大値で短縮の5年で返済というパターンで計算します。
ジャパンネット金利2.5%
月々の返済額が177474円
返済総額10648440円

住信SBIネット銀行 金利1.99%
月々の返済額が175234円
返済総額10514040円

月々の差額が2240円 総額で134400円になります。
若干の差がででいますが、あとは単純に選ぶ基準というのが必要とされます。

数値で表してみるとわかりやすいですが、トータルで見てみるとどのような、おまとめローンを選ぶかが鍵になってきます。ジャパンネットは三井住友銀行の傘下ということもあって、審査をする保証会社がSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)となっています。また住信SBIネット銀行の保証会社もSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)となっていますので、こういったことを考えますと、審査する会社が一緒であれば、審査基準が同じという事になりますので単純に金利が低いところに申し込んだ方がいいということは必然的にわかってくるかと思います。


こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする



(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報