リスケ

おまとめローン > 銀行おまとめローン > リスケ
おまとめローン審査基準

リスケで返済を延期したいが

事業を展開し、業績のよいときは支店を10店舗までに拡大していた。

その事業とは小物など雑貨を販売する業種で、大手家具メーカーなどにも卸していたり

大型ショッピングモールなどにも出店している。

10店舗を出店するとなると、かなりの好成績でなければ、設備投資の融資などでなかなかOKという

算段にはならないので、何かのブームがあった事で一気に売り上げがアップしたのではなかろうか。

ただこういった事業で怖いのは、流行によるデットロスが発生することだ。

一種のブームで飛躍的に売り上げが向上したりするのだが、仕入れのタイミングがずれてしまうと甚大な損失に

なってしまったりする。要は売れないものを大量に買ってしまう事である。

こういう業種は売れきれというものはなく、コンスタントに在庫というものがなければいけない。

昨今の本屋が店を閉めてしまうのも、在庫を大量に抱えすぎて、それが結局仕入れ金なので、マイナスのお金ということになる。

そして10店舗となるとその仕入れた商品がもしロスとなった場合、売り上げがよかったときは1より10なわけなので、

かなりの収益になるが、その反対となるとマイナス1がマイナス10になってしまう。

同じ形態でやっているとその反動は大きい、他店でうまくカバーできるのであれば補填できるが、

流行に左右されやすい業種であればあるほど、仕入れの判断が致命的なミスとなりやすい

それが長年の積み重ねになってしまったツケがかなりの額に膨れあがったかっこうになってしまった。

金額にして9500万、レバレッジではないが10倍が不景気になっておそってきた。

年齢的には60代で大学生と高校生の子供がおり、家も住宅ローンで購入している。

現在事業融資の方は、利息だけを払っている状態で、住宅ローンも同じ状態で利息だけを払っている。

リスケという状態で4年続いているようで、そろそろ見切りをつけたいそうだ。

色々なことを模索しているようだが、ある程度は借金を返して

事業は続けたい方向だ

幸いいい場所に土地をもっており、それが124坪あり、それを売却して少しでも返済額を少なくしたいと考えている
子供もまだ独立していないとなると、再生をしたいと考えるのが一般論だろう。

再生案としては、店舗の縮小と人件費の削減によって固定費の圧縮が妥当策だろう。

顧客として、大手の家具メーカーに卸しているということもあり、そのあたりをうまく改善することで、うまく再生できるのではと考える。

かつての大手家具メーカーも瀕死の状態から経営改善をして、今や上場企業。

昔からの付き合いや知っている仲なのだろうかは予測ですぎないが、今も取引があるということは

何らかのいきさつがあったに違いない。ここは頑張ってほしいところだ

7000万返して、あらたに返済計画たてた方が、自己破産するより、銀行はうれしくないんですかね?

リスケ4年も繰り返して、事業に好転の見込みもないわけだから、金融機関が整理にかかる可能性もある

住信SBIネット銀行