ろうきん おまとめローン

おまとめローン > 銀行おまとめローン > ろうきん
おまとめローン審査基準

ろうきんのローンの評判

ろうきんといいますと、労働金庫という呼び名から、もう少しやわらかくした印象があります。ろうきんといえばオートローンというイメージがあり、轟ローンというのがあったように思います。

どちらかというと政府系のニュアンスが強く感じられる金融機関でもありますので、どちらかというと敷居が高いような認識をもたれます。

中央労働金庫
近畿労働金庫
東海労働金庫
九州労働金庫
北陸労働金庫
東北労働金庫
中国労働金庫
北海道労働金庫
というように各都道府県に配置されています。

各々によって金利の設定もまばらであって、統一感がまるで感じられませんので、どちらかといいますと、各自で独立して行なっている感じが見受けられますし、自分が居住している地域のろうきんでしか利用することができませんので、そのへんのところは対応するしかありません。

肝心のおまとめローンですが、全体的にみますとそういった商品を扱っているのは、北陸ろうきんのおまとめ名人という商品しかありません。変動金利で消費者金融や信販、他金融機関ローンの取りまとめ資金となっていますので、しっかりとしたおまとめローン商品という印象はありますが、北陸に在住の方でしか対応できないという側面があり、必ず来店をしなければいけないという制約がございます。また保証機関がろうきんが指定する機関となっているためハードルが高いと考えれます。

ろうきんおまとめローンは取り扱っている?

そう考えますと、ろうきんでは表立って、おまとめローンという商品は扱っていないということになります。また通常の民間企業と違うわけですので、ノルマというものが存在しないということもあって、働いている方はそこの風土になじんでしまいますので、積極的な融資というのはやっていないというのが本音かもしれませんし、民間の消費者金融は店舗に来店しに行かなくてもサービス精神が旺盛ですので、色々と面倒見がいいような印象を受けますが、ろうきんですと、店舗に足を運ばなければいけませんし、その時々で担当が決まってしまうというのがあり、その担当によっても、雲行きがあやしくなったり、真剣に取り組んでくれたりと、かなりのムラが発生してしまい、審査もかなり遅れてしまったりして、結局融資をしてくれるのかわからない状態がいつまで続くのかとハラハラしてしまいます。

ただ、ろうきんにいえることは、おまとめローンは存在しないということです。

ろうきんで利用している方であれば、そういった枠があるかもしれませんので、自分の担当になっている方がいるのでしたら、相談してみるのもよいかもしれません。担当のさじ加減できまる可能性はあります。そういうことがはっきりしていないのが嫌であれば、最近ではろうきんと同等の金利条件の商品が民間の銀行住信SBIネット銀行おまとめローンや、消費者ローンでも存在しますので、考えを素早く切り換えたほうがいいでしょう。