信用金庫 おまとめローン

おまとめローン > 銀行おまとめローン > しんきん
おまとめローン審査基準

信用金庫のローンの評判

信用金庫というと、一般的に会社員といったサラリーマンであれば、あまりなじみの少ない金融機関であって、そもそも口座を作るという人が少ないというのが信用金庫です。

最初から好き好んで口座を作る人はいないというぐらいのレベルでしょうか、もし勤め先で取引があるとしたら、給料の振込み先が○○信用金庫なので、そこの口座を作ってくださいというところから、最初のつきあいのはじまりになるというパターンが多いかもしれません。

方田舎であれば、地方銀行の1支店と農協、いわゆるJAかマリンバンク、そして信用金庫というのが必ずある、セットになりますが、ちょっとした都市に住んでますと、地方銀行だったり、メガバンクだったり、都市銀行だったりと、信用金庫という存在感自体がうすいのであまり気付かれない存在になっています。

そんな事情もあってか、信用金庫という存在はある意味顧客がほしいという事実はたしかにあるようです。利用しやすい銀行というのはATMが各支店に備えてあるため、知名度もあってまたお金の出し入れが容易なため、真っ先に口座を作る傾向にあり、自動的に預金が増えていくのですが、しんきんという存在はさほど知名度もありませんので、個人顧客にはうけがよくない傾向かもしれませんが、逆に中小企業となると銀行よりもしんきんの方がうけがよいとされています。

おまとめローンは取り扱っている?

中小企業に貸付をして、その金利で商売をしているのが主のようであって、また各信用金庫も独自の展開をもっているので、どこぞのしんきんは審査がゆるいとか、あそこのしんきんは今、出したがっているので借りるなら今だとか、あそこのしんきんで借りているとなると、うちではNGだとか。

逆に信用金庫同士でも色々な情報合戦をみせており、色々な情報収集も必要となってくるのかもしれません。ですが個人での融資となりますと、おまとめローンといった高額が融資での商品はないと思われます。大きくても最高300万円ぐらいならあるかもしれません、名前もかわいらしくまとめるくんだとかまとめるベアーといった商品があるようです。

概ね多いのが限度額が50万とかといったような小額のカードローンを取り扱っているところがほとんどのようです。金利も18%ぐらいで特に金利が低いというものではありません。

信用金庫は企業間での融資が得意なのもあり、住宅ローンなどの商品があるのか?といった疑問さえありますが、ほんとのところは住宅ローンの商品は取り扱っているのが本当です。

やはり認知度が低いという観点から、あまり利用されるユーザーが少ないというのもありますし、基本的に足を運ぶというのが基本スタンスですので敬遠される方も多いかもしれません。住信SBIネット銀行おまとめローンのようにネットで申し込みをしてすぐ審査結果がわかる方が、ユーザーにとっても対面することもないので喜ばれるのでしょう。


こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする



(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報