スルガ銀行 おまとめローン

おまとめローン > 銀行おまとめローン > スルガ銀行
おまとめローン審査基準

スルガ銀行 ローン審査の評価

スルガ銀行はといいますと、知っている人の間ではとても有名な銀行であり、ある種特殊な地位を築いている銀行といっても過言ではない銀行といえます。

知らない人からにしてみるとスルガというカタカナからくる連想で、昔の駿河の国からというところからきているんだろうなと思う方が大半ではないでしょうか?なじみの薄い地域にスルガ銀行という看板を見て、不思議に思うかもしれない、こんな銀行があるの的な・・・

個人の間で、知られているのはある一定のひとたちで、サラリーマンでそして、不動産投資をしている人たちにとっては、馴染みのある銀行となっているのです。不動産投資といいますと、レバレッジをきかせた手法で購入してその差益で利益を生み出すというものです。

例えば年間の家賃収入が60万で売り価格が500万のワンルームマンションを販売していたとします。

これは単純な利回りで出しますと12%になります。もし金融機関で5%のカードローンで購入していたとすると、単純に換算しますと7%分が利益となる仕組みで、年間35万が利益となる手法になります。

これはあくまでも単純な目安でして、その他にも修繕費用だったり、空室時の返済だったりと様々なリスクは生じます。

そんな不動産にもスルガ銀行は積極的に融資を行なっていて、金利4.5%という不動産物件の購入のローンの中では比較的金利の高い商品になっています。

その分のメリットとしても木造でも耐用年数関係なしに30年という長いスパンで借りれたり、審査が緩いという評判が不動産投資をするプレーヤーに一気に口コミで広がったことにより、何かあったらスルガを使え、困ったらスルガといったふうに、ある種独特の地位を築いたかっこうになりました。

おまとめローンは取り扱っている?

不動産投資では審査が通りやすいということですが、実際のカードローンやおまとめローンはどのようになっているのかといいますと、

スルガ銀行カードローン リザーブドプランというものがあります。

金利は3.9%〜14.9%という金利で、最大が800万円です。スペック的には最近の出回っているカードローンと遜色のない商品となっています。

10万以下の借り入れですと、約定返済額が3000円以上
300万以下となると6万以上
500万となると10万以上
800万となると16万以上

となっています。300万をおまとめに利用した場合は6万以上での月々の支払いとなっているかたちになります。毎月他行へ何社か引き落とされるよりかは一回で引き落とされる方がとても魅力的です。

使い方も自由となっていますので、おまとめとしても気兼ねなく利用できそうです。

ただなじみのない銀行に申し込むのはどうも気が引けるという方もいますし、知らない銀行の方が逆に借りやすいという方もいます。実際に借りる時に注意したいのは、銀行は数字だけで計算をしてくる傾向にあります。

しかも銀行が審査するのではなく、保証会社というのが審査をします。

つまり保証会社がOKを出さないと銀行も動かない形になっています。なんだか不思議なように感じますが、銀行はなるべくリスクを避けたいために、保証会社に丸投げしているような格好になっているのです。

そして肝心のスルガ銀行の保証会社といいますと、スルガキャピタル、ダイレクトワン、オリエントコーポレーションとなっています。

スルガキャピタル、ダイレクトワンはスルガグループの会社だというのがわかりますので、比較的審査は厳しいのではと思います。

またオリエントコーポレーションはグループではない他の会社ですが、信販系の会社ということもあり、反社会的に関わる一連の事件もあってからか少し厳しくなった印象もあるかと思います。

おまとめローンやのりかえローンといった人気商品を輩出している東京スター銀行と比べてみますと、金利だけを考えた比較だとしますとリザーブドプランが良い見方になります。

ローン評価

全体的なトータルでみますとオリックス銀行住信SBIネット銀行、そしてみずほ銀行といった知名度もあって、金利も遜色もなしで保証会社も有名どころを利用しているローンを利用した方が賢明かもしれません。

結果的にデータ共有が銀行間でできますので、最初から知らない銀行で失敗するよりも、知っている銀行で審査を通した方が気持ち的にも安心するかと思います。

住信SBIネット銀行