おまとめローン 一本化 ソムリエ おまとめローンのコツ

借入件数が少なめの方のおまとめローン


低金利の金融会社に申し込む事。
最近は銀行系よりも金利を低く設定しているIT/6社会系の会社もある。


おまとめローンを申し込む、ほとんどが、借入件数3〜4件の人達です。
金融会社側も、一番手馴れているお客さんとなり、審査も厳しくもなく、甘くもなく・・・というところが多くなります。


オススメのおまとめ口コミ人気を知りたい!
おまとめローン情報公開


借入件数3〜4件であるなら、若干金利が高くても、正確に一本化をして、これ以上借入件数を増やさないということが重要となります。

銀行系
銀行が出資して作った金融会社の銀行系カードローン。設立が2000年以降と歴史は浅いが、銀行の資本力を武器に低金利を実現して、多数の新規顧客を獲得しています。
他社借り入れ件数が3件まででなければ金を貸さないという。
だが、申し込む価値は充分にある、一件は必ず契約しておきたい。

銀行系の申込はこちら

内枠は消費者金融だけではなく信販やクレジットも含めてです。
債務残高は概ね200万円以下の方で年収が400万円前後ならば可能性は比較的高い、もちろんそれ以下の年収の方にでも融資はされることはありますが、一発でおまとめ金額が融資されることは少なく30〜50万円までが一般的です。

実績が上がるにつれて枠が拡大しますので、今後のおまとめのために確保するという方法もある。年収350万円前後でしたら、他社件数は最低でも3件程度じゃないと銀行系は一発おまとめは厳しいです。

重要ポイント
無事に銀行系で借り入れ出来た方は、6ヶ月をサイクルに銀行系に増額を申し込む事。
その際には必ず他社の借り換え目的を伝える事、この繰り返しです。
融資額が50→100→200→300と増枠していく場合もあるので最低6ヶ月我慢する事。
新規で件数増やすのは絶対ダメ×、全てのカードの枠内の借入も×控える事。
なぜなら、300万円の増枠+金利下げが出来なくなるからです。
何度も増枠を断られる方は、期間内に出金している方です。
銀行も定期的にあなたの与信をチェックしていますので、絶対に1本化に向けて我慢する事。

おまとめのコツ
200万とか300万をいきなり1本化するのは困難です。でもやり方次第では借り入れ件数を少なくし徐々に件数を減らすことは可能です。

限度額の大きめのローンに申し込む
順調に返済を続けたら(4〜6ヶ月程度)増枠、金利を下げる交渉をする(他社返済を前提に)

審査になかなか通らない方はボーナス等を利用して借り入れを減らす事(完済・解約が必要です) 1件減らすだけで結構通るところが見つかります。1件減らして大手金融会社を狙う事

借り入れ中のローンの増枠・金利を下げる交渉
借り入れ当初より所得が増えた(年収で50万以上増)方
勤続年数が3年を超えた方

延滞が無く収入証明が出せれば50万枠⇒100万以上、金利も9.8〜18%くらいにはなります(大手金融会社の場合)


ローン情報

ローンチェック

住信SBI銀行

● 他の方はこのページをチェックしています - 更新
 申込の極意を伝授  おまとめローン



借入件数が多めの方はこちら>>>