督促状の発付

おまとめローンのコツ
おまとめローン 一本化 ソムリエ

延滞金の確定金額に100円未満の端数がるとき

おまとめローン > 消費者金融の話


こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする


納めないと督促状が発付されます。

納期限までに納めないときは督促状が発付されます。

納期期限後に納めるときは、税額(その額に1000円未満の端数があるとき、またはその金額が2000円未満であるときは、その端数金額又はその金額を切り捨てます。)にその納期限の翌日から納付の暇での期間の日数に応じ、年14.6パーセント(当該納期限の翌日から1月を経過する日までの期間については年7.3パーセント(当該機関の属する各年の前年の11月30日を経過するときにおける日本銀行法第15条第1項第一号の規定により定められる商業手形の基準割引率に年4%の割合を加算した割合(その割合に0.1パーセント未満の端数があるときは、その端数を切り捨てます)))の割合に乗じて計算した金額に相当する延滞金額を加算。年あたりの割合は閏年の日を含む期間についても365日当たりの割合。

延滞金の確定金額に100円未満の端数がるとき、又はその金額が1000円未満であるときはその端数金額又はその金額を切り捨て

処分について不服がある場合は、通知書を受け取った日の翌日から起算して60日以内に審査請求することができます。審査請求をする場合は、審査請求書を当該不服申し立てに関わる処分をした税事務所長を経由して提出

処分について不服がある場合は被告(知事)として地方裁判所に処分取り消しの訴えを提起することができる。ただし裁決書を受け取った日の翌日から起算して6月以内であっても、採決の日の翌日から起算して1年を経過すると処分取り消しの訴えを提起することはできなくなります。

審査請求の裁決を経た後でなければ、裁判所に処分の取消しの訴えを提起することができません(地方税第19条12)が該当する倍は審査請求に対する裁決を経ないで処分の取り消しの訴えを提起することができます。

審査請求があった日の翌日から起算して3月を経過しても裁決がないとき

処分、処分の執行又は手続きの続行により
生ずる著しい損害を避けるため緊急の必要があるとき

裁決を経ないことに正当な理由があるとき

負担少なく借金返済

おまとめ おすすめのローン
(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報