借金の消滅時効期間

おまとめローンのコツ
おまとめローン 一本化 ソムリエ

借金の消滅時効期間

おまとめローン > 消費者金融の話



こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする


借金の消滅時効期間

借金の消滅時効期間は、一般の債権の場合の時効は原則として10年となっています。
よって、個人間同士のお金の貸し借りは10年たてば、時効ということになります。

また商事債権という分類があって、どちらかが法人・会社である場合、5年が時効になり、金融会社からの融資がこれにあたります。しかし貸し金会社でも個人でやっているケースがありますので、この場合は10年という計算になります。

あります! こんな借り入れ方

自治体では、生活するためのお金が足りないというなどの条件で、生活の支援・再建という項目で資金を提供してくれるところがあります。

他に、母子家庭や女性を対象とした融資の提供してくれる自治体もあります。低金利なのが良いところですが、その他に返済時期を据え置きが可能だったり、 生活が落ち着くまでの当面、利息だけの支払いが可能というところもありますので、自治体はそれぐらいのことはしてほしいですので、住んでいる自治体に確認してみましょう。

発想を変えて、質屋を利用する

質屋でお金を借りるには、持って行く品物が必要でして、その品物は昔から質草とよばれています。その質草が担保とります。

品物を査定して、融資される金額が決定されます。その際には身分証明証が必要になります。
品物(質草)は、利息となる質料を支払えば返却されます。

また質料だけを支払って期間を延長することも可能になります。 質料(利息)が払えない場合でも、質草(品物)が流れて(質流れ品)、返却されなくなるだけであって、質料を催促されることも、借金が残るということもありません。

負担少なく借金返済

おまとめローン 低金利

(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報