生命保険の配当金

おまとめローンのコツ
おまとめローン 一本化 ソムリエ

あります! こんな借り入れ方

おまとめローン > 消費者金融の話



こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする


生命保険の配当金を先に受け取る

加入している生命保険のタイプが配当金を受け取れるタイプであった場合

本当であれば、通常は満期時に受け取ることができる配当金を、先に配当金をもらい充当するという方法があります。 受け取った配当金は、生命保険会社に返済する必要はまったくありませんのでご安心ください。

配当金は借りるということではなく、自分が支払ってた生命保険からの手当てみたいなものですので借金にはなりませんので、お金が不足している場合に使える方法です。

中でも、保険マンモスは現在加入保険など、各種保険の無料相談ができます。
保険のプロの無料相談!!≪保険マンモス≫

お手持ちの有価証券を担保に借りる

お手持ちの株券(自社株)や国債などの債券、投資信託などを担保にして借り入れ。

借入の期間は半年〜1年程度と短期間になります。
担保の価値が下降・下がった場合

借入金の返済・追加の担保が必要になってきます。

利息は全体的に変動金利となっており、調査によると4〜6%程度台が多いです。

負担少なく借金返済

おまとめローン 低金利

成長より安全を 「企業買収や能力増強のための投資は延長・凍結」
金利が高くても積極的に資金調達し、現金の備蓄を
危機感に満ちた書簡は困難な時代の対応を誤れば取り返しのつかない結果をもたらす」と警鐘を鳴らしていた。
米ビッグスリーやトヨタ自動車などを横目に暴れ回るとみられていた夕夕にとっても、世界経済の逆回転は誤算だった。

成長第1から安全第1経営を掲げる。手元資金を厚くし、市場の変調に動じない財務基盤だ。最強のトヨタも「販売が百万台減っても、利益の出る体質」へ向け軌道修正をした。

(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報