貸し渋り

おまとめローンのコツ
おまとめローン 一本化 ソムリエ

金融円滑化策

おまとめローン > 消費者金融の話



こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする


地銀に公的資金活用要請

金融担当相は、貸し渋りや貸しはがしの防止を目的に、大手銀行を対象に検査を行うことなどの金融円滑化策を示した。これにより年度末や年度初めの資金繰りに悩む中小企業向けの融資を中心に、中堅企業向けの融資や個人の住宅ローン融資についても考察して、資金調達がスムーズにいけるような取り組みをしました。

金融庁が貸しはがしや貸し渋りのをしていないかとした立ち入り検査を行うそうです。大手銀行のほか、貸し渋りなどの苦情が多く寄せ られている、地域の金融機関も検査の対象となり、できれば消費者金融の会社にも、個人融資の貸し渋りの調査もしてほしい。金融機関側が一方的な事情で融資を断ったりした事例がないかどうかを積極的に調べます。

融資を断る悪質なケースが発見されれば、行政処分も免れない事態になっており、企業側が一定の資産額を維持するなどの条件付きで融資を受けれて、またその条件が守れなくなった場合でも、金利の減免や返済猶予を無理に求めない限り、不良債権としないといった対応を各金融機関に求めていくようです。

金融円滑化策のポイント

貸し渋りや貸しはがし防止のために大手銀行やクレーム・苦情が多い地域の金融機関を対象に検査を実施。地域銀行などの経営トップに対し公的資全による資本注入を積極的に活用を求める。資本注入を受けるための優先株が発行できるようにあらかじめ定款変更するよう要請。金融機関に対して、シンジケートローンという協調融資の活用を要請。

地域金融機関の貸し出し余力の意識を高めるため、三行が検討するにとどまっている改正金融機能強化法に基づく公的資金注入についても、他の金融機関の経営トツプにも積極活用を要請する形になっております。

活用する金融機関に対しては、公的資金で国が引き受ける優先株などの配当利回りを意図的に低いベースで抑え、中小企業への融資を安易にする予定です。

また各金融機関が単独での融資に慎重なことになっているので、複数の金融機関による協調融資というシンジケートローンの積極的な活用を求めていくようです。

負担少なく借金返済

おまとめローン 低金利

(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報