寺院借金

おまとめローンのコツ
おまとめローン 一本化 ソムリエ

無利子でさらにご利益

おまとめローン > 消費者金融の話



こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする


寺院から借金する

日本の話ではないが、台湾にある道教寺院、紫南宮。「土地公」と呼ばれる村の守り神を祭っている何の変哲もないお寺が、無利子で借金ができるので、世界的に不況でもあって、台湾で絶大な人気を集めている。

本殿の脇の「求金(借金)」と「還金(返金)」コーナーは高齢者から若者まで長蛇の列。昨年後半から借りる人が例年の倍以上に増え、週末には数十台の観光バスが乗り付ける。

最初に土地公の前で小さな二つの木片を地面に投ける占いを行い、一つが表、一つが裏の時だけ借りられるとの建前だが、実際は表裏が出るまで占っていい。

一回の借金は600台湾ドル (約1700円)。

紫南宮での「借金」の流れ
「借金」をするための条件

満20歳以上
身分を証明できるもの用意する
中華民国国民身分証、健康保険カード、運転免許証など

借りたお金は本業に関連する事に使用。
例えば、絵描きの仕事なら絵の具、建設関係なら工具や材料など。銀行に貯金も可能。

無利子なのに御利益まで登録すれば誰でも借りられる。期限は1年。

借りたお金には土地公の御利益があり、持っていると金運が良くなると信じられている。縁起担ぎの人が大半だが、「ここのお金に救われた」と涙ながらに返しに来る人も時々いるという。

返済時は思い思いの金額を上乗せするのが暗黙のマナー。

中には数十倍、数百倍のお金を戻す人もいる。

貸し倒れ率は3%

昨年は約45万人に総額2・5億台湾ドルを貸し出し、3.5億台湾ドルが戻った。

小型金融機関の規模で業績も「超優良]。

負担少なく借金返済

おまとめローン 低金利

(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報