身内の借入について

おまとめローンのコツ
おまとめローン 一本化 ソムリエ

身内の借入について

おまとめローン > 消費者金融の話



こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする


身内の借入について

本人が病にかかり、入院をしてしまいました。
退院見込みはありません。生死の保障もされてなく、面会も5分程度許可される状態です。そこで初めて借金を知りました。 体調が良い時に消費者金融のカードを3枚渡され「利息だけでも払っておいてほしい」と言われました。

1社に200万。2社に50万。計300万円です。
取引は10年位はあるそうです。

なんとなく自分で調べてみて、家族に支払う義務は無いし、そのまま放置する事を考え、もし退院できた時に本人から会社へ連絡し解決策を求める事が良いと思いました。

しかし、家族で考えが分かれてしまいました。
一人は「自己破産」一人は「そのまま完済」一人は「過払い請求」です。
自己破産や支払いを無視し続ける事は、もし将来退院が出来て、本人が普通の生活が出来るような事があった場合に「可哀そう」だと言う意見があり・・・。
なんとか信用情報に事故が付かない解決をしたいと方向性は決まりました。

でも、正直、入院費は今後どれだけかかるか判らず、住んでいた部屋の退去費も50万円近くかかり、家族に余裕はありません。
本人はペンを握る力もありません。委任状へのサインは無理です。
各会社のオペレーターはマニュアルの回答で、「ご本人様以外の〜」しか言いません。

取引履歴だけでも取り寄せしてみては

あくまで可能性ですが、10年ほど取引があれば、相手会社・借入・返済状況にもよりますが、 過払いになっている可能性が無いわけではありません。

なので、取引履歴だけでも取り寄せしてみてはいかがでしょうか?

ただ、各会社の対応があるように、本人のみ、もしくは代理人よりのみしか対応しないので どうしても委任状が必要になります。

今後の本人様の健康を考えると、借金問題まで残して退院・・・となるとかなり苦しいものがあるかと思いますので、事前に専門家に相談してもらったほうが良いかもしれません。

無視だけは絶対にいけませんので・・・・・。

融資率が高く負担少なく借金返済のプラン

おまとめローン 低金利

(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報