自己破産と任意整理の損と得

おまとめローンのコツ
おまとめローン 一本化 ソムリエ

自己破産と任意整理の損と得

おまとめローン


こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする


自己破産と任意整理の損と得

自己破産は借金が自分の返済能力を限界に超えてしまい、今後一生も返済の見通しがつかず、必要最低限の生活が精一杯の経済力しかないというように申告して承認されます。

破産確定後は一ヶ月以内に免責の手続きを行う。

適用されるのは債務者本人だけであって、保証人の債務は残る。調停や任意整理の場合は借金そのものが減るため連動して保証人の債務も減る。

自己破産を裁判所に申請するには、弁護士費用(30〜)と裁判所に納める予納金30万円と免責をとる費用30万が必要になる。

自己破産による

債務
破産を申請して免責を受けることで、いままでの負債はなくなる、ギャンブルや遊興にあてた負債は免責はおりない

費用 50万程度
着手金(20〜30万)+着手金と同額の成功報酬(免責が決定した場合)+弁護士費用=70〜100万

5年から7年はブラックリストに記載されるのでクレジットは利用できない。社会生活での支障はほぼないが役員などにはなれない。

免責不許可事由
財産を隠す、壊す
浪費、ギャンブル
クレジットで購入した商品の不当な兼売・質入れ
返済不能状態での借金
虚偽の記載、陳述
過去10年以内に免責を受けている
破産法上の義務違反
審理期日に欠席、陳述拒否

免責不許可事由があっても裁判官の裁量によって免責を許可することもできるし、一部免責とするケースもある、免責とならない部分は支払わなければならない。

任意整理による

債務
弁護士を交えて、貸し金業者との話し合いになり、利息をカットして延払い方式になる。

費用 1件2万円〜 成功報酬は10%程度
社会的支障はまったくなし、ブラックリストには載る


知り合いで遊ぶ賭けマージャンや賭けゴルフは裏のギャンブルになる、賭けに負けたら相手に払う義務があるかというと実は義務はない。契約は口約束でも成立は成り立つが賭博の契約は民法90条により違法となるため、成立しない。

借金の無料相談>>>

融資率が高く負担少なく借金返済のプラン

おまとめローン 低金利

(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報