グレーゾーン金利問題

おまとめローンのコツ
おまとめローン 一本化 ソムリエ

グレーゾーン金利改正

おまとめローン > 消費者金融の話



こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする


グレーゾーン金利を知りました

親が、消費者金融の連帯保証人になっていて、債務者が支払えなくなってしまい、親に債務が発生。5年前に完済しました。そして調べてみると、金利が28%でしたので、これはグレーゾーン金利になると思い、グレーゾーン金利 返還請求のため弁護士会に相談しようと考えていますが、5年前に完済したものでも、過払い金でお金が返ってくるのか?
10年が時効ですので、完済から10年経過までは請求できます。


取引履歴を取り寄せ、利息制限法に基づく法定金利計算書に記入し、弁護士との相談の際に持参と考えていますが、相談時間が30分のため、1回で簡潔に相談したいと考えており、準備するものとしては取引履歴と利息制限法に基づく法定金利計算書の2点でいいでしょうか?
過払いを完全に依頼する場合ですと、特に何かを準備する必要はありません。事務所によっては、取引履歴を準備したことで値引きの可能性もありますが、金額的には変わりはありませんので、ハンコと相談料、会社名などが必要になります。

取引履歴開示請求書

トラブル回避のために、文章のみで受付するケースがございますので、簡単な「開示請求書」という依頼の書類を作成して、送付します。 取引履歴を取り寄せるため、身分を証明できるもの(保険証とか運転免許証)のコピーを送付します。


連帯保証人になった期日と、債務がきた期日が違うので、取引履歴を取り寄せる場合に、期間が長い方が過払いが多くなるのでは?

契約者が自己破産したのに連帯保証人に支払いがくるのでしょうか?


契約者が自己破産したら所有物がすべて差し押さえになり、そのかわり借金がゼロになると思うので、連帯保証人に債務がくるのか?

連帯保証人の場合の履歴開示請求は、返済データを印刷しただけのものが送られてくることが多いです。 期間指定というのは難しいかもしれません。 開示記録があまりにも曖昧なケースですと、クレームをつけることで、きちんとしたデータを取り寄せますが、少なくとも契約者側で期間の指定は難しいかもしれません。

また、過払い請求をする際には相手会社も計算しますので、ご自身で最高Xの金額を計算・請求するのが一番無難かと思われます。

融資率が高く負担少なく借金返済のプラン

おまとめローン 低金利

(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報