総量規制には、「除外」または「例外」

おまとめローンのコツ
おまとめローン 一本化 ソムリエ

総量規制には、除外または例外がある

おまとめローン > 消費者金融の話


こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする


まず知ってほしい事は、ご存知のように
銀行カードローンは総量規制対象外になりますが、
他にも知られていない事があります。

それは

おまとめローンは総量規制の例外にあたるローン

例外とされるローンの中に「借りる人が一方的有利となる借換え」があります。
一方的に有利になる借り換え」 とは、
毎月の返済額や返済総額が少なくなること
を言います。

つまり、総量規制の対象となる会社でも、

借り手に一方的に有利な低金利ローンへの借り換え・おまとめローンで、毎月の負担額や総返済額が減少などの要件が満たされれば、

例外として
貸付残高が年収の3分の1を超えても利用できる
ということになります。

例えば、消費者金融Aは総量規制の対象となりますが、現在借入している貸金業者Bの金利よりも金利が低ければ、毎月の返済額や返済総額が少なくなり、借り手に一方的に有利になる借り換えに該当し、消費者金融Aへの借り換えは例外的に年収の3分の1を超えている場合でも可能になります。

もう少し詳しくみますと↓

除外 と 例外 になるローン

総量規制が施行されますと、1〜2社からお金を借りると規制がかかるようになります。

総量規制には、除外となるローン・例外となるローンがあります。
除外となるローンは、総量規制の対象とはならない貸付け(ローン)のことです。

また、年収の3分の1以上の借入は不可能なのか?

年収の3分の1以上の借入がある方、
年収の3分の1以上の借入をしたい方は、不可能なのか?

実際には、可能です。
総量規制の対象は、消費者金融、事業者金融会社、クレジット会社、信販会社といった貸金業者からの借り入れを対象としており、 銀行が発行するローンの借り入れは総量規制の対象としていません。

よって銀行が発行するローンは、年収の3分の1以上の借入も可能です。

また、

他にも対象とならないローンがあります。↓

総量規制の対象とはならない除外の貸付け(ローン)

不動産購入のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
自動車購入時の自動車担保貸付け
高額医療費の貸付け
金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
手形(融資手形を除く)の割引
貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介(第10条の21第1項各号)

総量規制の対象とはならない例外の貸付け(ローン)

例外の貸付けとは除外と違い、貸付けの残高として計算しますが、年収の3分の1を超えている場合でも、返済の能力があるかを審査したうえで、融資を受けることができます。

例として
年収が300万円の人が、すでに100万円のローンをしている場合、この段階で3分の1ですが、緊急に医療費として50万円借りたい申し込みの場合、例外規定という形で融資を受けることができるケースがあります。
↑このようなケースを例外のローンにあたります。


例外となるローン↓

・有価証券担保貸付け
・不動産担保貸付け
・売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
借りる人が一方的有利となる借換え(おまとめ)
・緊急の医療費(高額医療費を除く)の貸付け
・配偶者と併せた収入の3分の1以下の貸付け
個人事業主に対する貸付け(第10条の23第1項各号)



上記にも記載しましたが↓

例外とされるローンの中に「借りる人が一方的有利となる借換え」があります。

「一方的に有利になる借り換え」とは、
「毎月の返済額や返済総額が少なくなること」を言います。

つまり、総量規制の対象になるローン会社(信販・消費者金融など)でも、現在借りている金利よりも、低金利ローンに1本化するなどで借り手に一方的に有利な借り換え・おまとめローンなら、例外として、貸付残高が年収の3分の1を超えても利用できるということになります。

また、個人が何らかの事業用の資金としてお金を借りる場合は原則として対象外となる。

(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報