公的年金

おまとめローンのコツ
おまとめローン 一本化 ソムリエ

公的医療保険の基礎知識

おまとめローン > 借金返済



こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする


公的年金は2階建て

年金の加入者(機保険者)は、3種類に分類されます。
第一号被保険者には自営業者・学生等。
第二号被保険者には会社員や公務員等。
第三号被保険者には専業主婦等が該当し、それぞれ保険料の支払い方法が異なります。

年金のしくみはよく2階建と言われ、.企業年金や私的年金を踏まえた場合、3階建という見方もできます。サラリーマンやOLの方が厚生年金、公務員等の方が共済年金に加入し、どちらもそれぞれの年金保険料の一部は国民年金に自動的に拠出されるので、間接的には国民年金にも加入していることになります。

従って−階は、いわゆる基礎年金の「国民年金」。2階は主に「厚生年金」と「共済年金」が挙げられます。

公的年金とは、以上3つの年金のことです。 

公的年金の基礎知識としてまず押さえておきたいのは、ご自身が今までどの機保険者に該当してきたかという点です。

例えば
会社員の夫をもつ専業主婦

この奥さまは、ご主人が会社員のときは第三号被保険者ですが、ご主人の定年退職後は60歳未満の場合には、 第三号機保険者ではなく、第一号被保険者となります。

さらに、奥さまが会社員として勤務経験がある場合は、第二号被保険者の時期もあったことになります。


このように、半生において一つのカテゴリーだけに該当してきたとは限りません。職業等が変わることで、機保険者資格が変更になる場合があります。変更手続きに関しては、ご自身で行わなければならない場合もありますので、把握しておかないと〈滞納〉となってしまうケースもあります。将来の受給額等に影響がでないよう、社会保険事務所等で確認しておきましょう。 


定年退職を迎える方には、医療保険についての情報収集も重要です。定年退職後の医療保険の選択は次の3つです。

@加入していた健康保険を継続させる。※2.2ケ月以上の勤務期間が条件。退職後20日以内の手続きによって健康保険を2年間継続できる。いわゆる任意継続被保険者になるという選択です。

A国民健康保険への加入。こちらは前年の所得で保険料が決まるので、任意継続被保険者を選択する場合とどちらが得であ

これは主として被保険者の収入によって生計を維持している方が収入条件※60歳未満なら年収130万円未満、60度以上は年収180万円未満。原則、被保険者の収入1/2未満。によって選択できる医療保険です。

公的年金・公的医療保険の知識は、得するというよりも一切の損をなくすためにあると考えるほうが正確かも知れません。ご自身の権利ある給付については確実に請求できるよう、ご自身の行動で一歩一歩知識を蓄えていきましょう。

融資率が高く負担少なく借金返済のプラン

おまとめローン 低金利

(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報