債務整理
の報酬隠し

おまとめローンのコツ
おまとめローン 一本化 ソムリエ

過払い訴訟バブル

おまとめローン > 借金返済



こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする


過払い訴訟バブルの発端でもある典型的な脱税

司法書士が9000万円の脱税

債務整理などの借金の相談でユーザーから得た報酬額を隠して
所得税約9000万円を脱税

司法書士は東京都港区西麻布で開業し、ホームページを開設、そして24時間対応のフリーダイヤルをさずけて、借金に関する相談をうけていた

2年間の間に、約2億4000万円を隠した疑い。

03年4月から司法制度が改革されたことによって、司法書士が特別研修を受けて、法務大臣に認定される認定司法書士が、弁護士のみならず、簡易裁判所においての依頼人からの、訴訟手続きの代理が認められるようになった。

最高裁によってもグレーゾーン金利を認めないという判断があいつぎ、よって、借金に関しての得意な分野である司法書士にとっては、まさに報酬が増えたかっこうだ。

過払い請求のバブルが生まれたのである、これに便乗しないわけにはいかないと、ビジネスにしている職業の方は大半思う。報酬も高額なため、広告費にも力が入るわけだ。

しかし、バブルと呼ばれるだけあって、いつかはなくなってしまう現象でもある。
過払いも年々縮小しているので、ビジネスとしてはラッシュをかけたい

脱税の本位は、やはり稼げるときに稼いで貯めておこうというココロの表れだろうか
弱者からのなくなくのお金を出して依頼しているのに、このような形になってしまうのは
人間の欲というのは恐ろしいものだ。

ボランティアで行っている書士の方もいるのに、藁にもすがる思いで債務整理をお願いする立場からみれば、感謝したくなくなる結果になってしまう。
(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報