リスケジュール

おまとめローンのコツ
おまとめローン 一本化 ソムリエ

リスケジュール

おまとめローン



こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする


リスケジュールをお願いした場合に、金融会社に言われるケースとしては、滞納している分を支払ってからと言われることが多いようです。リスケジュールとは債務者、つまりお金を借りている人が債務の返済期間を当初の契約より遅れる。債権者(お金を貸している人)と協議してきめることです。

この場合はやはりケースバイケースですので、払いたいけど払えないといった状況が多いので、滞納分を新たにお金を借りるということは悪循環でもありますので、避けた方がよいでしょう。やはりそのまま借りている金融にリスケを頼む方がよいです。

それでも相手が側がリスケに応じてくれない場合がありますので、法的手続きでも代位弁済でもいいという気構えで交渉した方が、応じる確率はかなり高くなります。

リスケに応じてくれなくて、法的手段も嫌がる方もちらほらとおり、このような現代社会において問題になっている方法としてはクレジットカードによる現金化があります。

現金化というのはクレカで安価な商品を高い金額で買わせて、運営している業者が手数料もらい、代金の7〜9割をキャッシュバックしています。

カードのショッピング枠は対象外にあたり、現金化にする手法としては通信販売の中のキャッシュバックをしている方式で、よくある通販のキャッチコピーでも5000円キャッシュバックキャンペーン中とかと同じ感覚になるが、実際には利息を先払いした借金になる。

消費者庁も「ストップ! クレジットカード現金化」と、同庁のホームページに特設サイトを開いたり、チラシを作成するなど、一般消費者に利用しないよう呼び掛けている。現金化といってもただではなく、あくまでも借金ですので、返さなくてはならないお金、ここはリスケジュールなどの手法を選択するべきです。

(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報