ブラックリスト

おまとめローンのコツ
おまとめローン 一本化 ソムリエ

金融リストラ

おまとめローン > 消費者金融の話


こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする


ブラックリスト

ブラックリストとは 信用情報機関に登録されている個人情報信用情報に

貸し倒れあり
債務整理歴あり
破産歴あり
(自己破産するには月収の20倍が目安です。戸籍に記入されたり、選挙権を剥奪されたりすると言われています。弁護士・公認会計士・公証人・会社役員になれない)

といった事故情報がついている状態のことを言います。
俗称であってあまり深刻というものではなく

信用情報機関の個人情報を見れるのは、自分自身と、本人が許可した相手の方のみに限られているため、まず外部(会社関係・得意先)や家族に漏れる心配はない。

債務整理や破産の場合に5〜7年は信用情報機関に記録が残るので、与信(信用供与であってクレジット会社や金融会社が申し込み者に対して、クレジットの利用を認めていいかどうかを判断する、年齢・家族構成・年収・返済能力・将来性などで審査)された際に、クレジットカードを使ったり、お金を借りたりする行為は一切できないのです。

公的金融機関の事業資金融資の場合、経営者の個人情報を閲覧しないケースも稀にあるため、事業計画さえ納得のいくものであれば融資を受けられる可能性もある。
信用保証協会で各都道府県に設置され、中小企業向け融資の保証人になってくれる機関で貸し渋り対策として総額20兆円の特別保証枠を設けた経緯がある

しかし、この5〜7年の間に借金体質をぬけだし、貯金(頭金)を増やすのもいいかもしれません
年間30万貯めることで住宅の頭金も可能になります。もしくは借金を整理しながらマイホームを守ることができます。

住宅ローンを抱えた債務者を対象に、住宅が競売手続きなどで売却されることを防ぎ、住宅ローン以外の債務の支払いを一部カットして、債務者の再生を図るのが、住宅資金貸付債権に関する特則であって、居住している住宅を手放す必要性もなくなり、負債整理を行うことができる。
(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報