つなぎ融資

おまとめローンのコツ
おまとめローン 一本化 ソムリエ

おまとめローンとつなぎ融資の関連性

おまとめローン



こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする


おまとめローンという言葉が生まれたのはここ最近の話であって、昔からあった商品名ではありません。借り換えローンというのもありますが、またおまとめローンとは若干ニュアンスが違うようです。住宅ローンに関しては借り換えローンがあります。

つなぎ融資というのは名前のとおりつなぎであって、ローンをおまとめするおまとめローンとは違います。たとえば、個人事業者の方が1000万以上の売り上げがあった場合、課税しなければいけません、決算期において消費税を納付しなければいけなく、しかも一括で納付という形が多く、たとえば2100万円の売り上げがあった場合、100万円が受け取り消費税となり、それにかかった経費の仕入れなどの支払消費税を差し引くと4〜50万円ぐらいになり、その税金を国に納税しなければいけません。

やはり決算時期になりますと納税しなければいけないお金を用意したりと、個人事業主さんは金の工面で、苦労する方が多く、つなぎの融資がいるケースが多々あります。

破産しても税金は免責にはなりませんので納税はするべきです。

つなぎ融資は企業にとっては大事な戦略のひとつでもあり、経営再建をした日本航空も日本政策投資銀行からつなぎ融資をしている。

上限1000億円のつなぎ融資に、年10%という高い金利が設定されている。
日航への融資の際の金利は金利(年1〜2%)というのが相場であったが、はるかに上回った結果になっている。

一般的な相場でいうと、緊急融資やつなぎ融資には年8パーセントが相場とされているが、2パーセントと高い。金利が高いということは、個人融資と同じ、融資される側、つまり日航再建に対する見方を金融機関が厳しく見ている証拠で、これには政府保証がつかない。政府保証というのは万が一悪化した場合に、国が肩代わりするもの、いわば国民の税金。

しかし、政府が事後的に立法措置を講じており、政府保証を付ける方向で検討しており、政府保証が確定した段階で金利を引き下げる方向でいる。

(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報