年金担保

おまとめローンのコツ
おまとめローン 一本化 ソムリエ

年金を担保にお金を借りることが可能?

おまとめローン



こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする


国民年金・厚生年金を担保にお金を借りる

通常の金融機関(銀行・消費者金融など)では年金を担保に、お金を貸したりすることは法律で禁止されていますが、可能な方法があります。

本来、年金の受給権を担保にしてお金を貸付をする方法は禁止されております。
ですが、お金を借りる方法がひとつだけあります。

独立行政法人の福祉医療機構という機関からお金を借入れする方法です。
福祉医療機構以外は、法律で全て禁止されています。

金融機関からの融資が難しい人にとっては、危険なクレジットカードの現金化やヤミ金融につい手を差し伸べてしまう可能性があり、ましてや年金しか収入がない高齢者にとっては民間の金融機関にお金を借りることは、大変厳しい状況です。

ケースとして、病気の治療費・入院費などの出費が出た場合、生活がキツキツの状態になってしまい大変な状況に陥ってしまう事態もあります。

そこで、国が行なっている貸付があります。
福祉医療機構という独立行政法人で、
年金担保貸付事業・労災年金担保貸付事業の融資制度

というのがあります。

融資条件
厚生年金保険、船員保険、国民年金(老齢福祉年金を除く)、または、労働者災害補償保険の年金を支払いを受けている方に対して、融資を貸付しています。

返済方法 年金からの天引き方式
・ 10万円〜250万円の範囲内
・ 受けている年金額(年額)の1.2倍以内
・ 定額返済の場合は、1回あたりの返済額の12倍以内

連帯保証人 連帯保証人(審査基準あり)が必要となりますが、保証人がいない場合は、財団法人年金融資福祉サービス協会に保証料を支払うことで借りることができます。

融資がNGのケース
・ 生活保護受給中の方
・ 年金が全額停止。
・ 同一の年金証書で、借入金残高がある場合。
・ 現況届が未提出、または、提出遅延の場合。
など

資金使途がギャンブルや投機性のものでもNGとなります。

返済は天引きになりますので、あくまでも今後の生活に支障がでないような計画を心がけることが重要です。


ローン 審査基準 早わかりチャートはこちらから>>>


(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報