日銀は政策金利の0.2%の利下げを決定

おまとめローンのコツ
おまとめローン 一本化 ソムリエ

米連邦準備制度理事会のゼロ金利政策導入を受け日銀は政策金利の0.2%の利下げを決定

おまとめローン > 消費者金融の話


こんな借り入れ方

こんな借り入れ方
減額を目標にする


日銀は政策金利の0.2%の利下げを決定

日銀は政策金利の0.2%の利下げを決定した。
米連邦準備制度理事会のゼロ金利政策導入を受けたものによります。

これによって低金利政策の続く国の預貯金金利は更に下がり普通預金の金利は0.1%を大きく割り込んだ形になりました。

一年定期でも0.2%台で安全性はあっても利子の有利性はなく、わずかな家計の蓄えには潤いが及ばない

年金生活者は介護保険や国民健康保険の高負担に加え物価上昇などで年金が実質的に目減りし、臨時の出費は老後の生活資金を取り崩してしのぐなど、今後の不安が大きい。

金融機関の金利優遇キャンペーンを行っているが、ボーナスなどない年金生活者は恩恵にはあずからない。

また預入対象金額も富裕層向けで庶民には縁がない

100万円を年利025%の一年定期預金に預けると利子は2500円だが20%の源泉分離課税で500円差し引かれる。

高齢者福祉の面から年金生活者の少額預貯金にまで課税する必要はないのでは

65歳以上の高齢者を対象とした、以前の少額貯蓄非課税制度マル優を復活に期待。

大手製造業16社の内部留保の総額が33兆円

日本を代表する大手製造業16社の貯金と呼べる内部留保の総額が33兆円を越えているそうです。

日本でもこれまで何度か不況はあったが、資本主義経済のアメリカが震源地であって深刻な状況になっている。

特に基幹産業と言われる自動車業界は企業として生き残るためになりふり構わず人員削減を行なっている。

大企業がこれだけの貯金を貯めているのにも関わらずの人員削減

過去の好景気の際の利益を人件費に回さず、株主対策や設備投資のため企業内部に貯めている。

人を育てる事によって会社にとって、将来的に大事な資産としてなるビジョンを持つことが重要であって、その貯金で人員削減を防ぐミドルリスクとして投資する必要性がある

負担少なく借金返済

おまとめローン 低金利

(C)copyright おまとめローン ソムリエ all right reserved 免責事項・運営者情報