ローン審査基準

おまとめローン > ローン金利事情
おまとめローンのコツ
おまとめローン審査基準

最新のローン審査を踏まえた申込のコツ


当サイトおすすめのおまとめ先は
住信SBIネット銀行カードローン 年率0.99%〜7.99%となっているため、7.99%より高い金利の借入れ先がある全ての方にお薦めです。

まず最初に、申込の前に知っておく事があります。
「※必読」ローンの申込をする際には、銀行・消費者金融・信販会社・その他金融会社のローン全ての融資を計算にいれることが必須条件になりますので、ご自分の借り入れ状況を正確に把握しておかなくてはなりません。但し、住宅、車、教育などの一部のローンは総量規制対象外になりますので別と考えてください。

年収の3分の1を超えることを原則禁止した総量規制が2010年6月18日に完全施行。
銀行発行のローンは総量規制対象外です。
銀行からの借入であれば年収の3分の1以上でも借入可能です。


中でも特に注目したいのが、意外に知られていない事
銀行発行のローンの他にも、総量規制の対象にならない
除外となるローンと例外となるローン
がありますので、ご一読ください。こちら
おまとめローンは複数のローンを一本化にまとめる事で、借り換えは現在借りている一つのローンを金利の低いローンに変える事になります。
審査・成約率を考えた申込みの流れ
       
※収入が給与のみの場合、源泉徴収票の左上の「支払額」に書かれている数字が税込年収です。
       
審査にあたり、申込時に年収による申込制限がない 住信SBIネット銀行
       
※毎月安定した収入のある方 銀行カードローン一覧
       
前年度の税込年収が200万以上で500万以下の方

みずほ銀行 評判…(保証会社 オリコ)メガバンクの安心感

東京スター銀行 評判…(保証会社 TSBキャピタル)東京スター銀行おまとめで有名ですが・・・

住信SBIネット銀行 評判 …(保証会社 オリックスクレジット/ジェーシービー)【0.99%〜7.99%】金利が魅力、住信クオリティ

イオン銀行 評判…(保証会社 オリックス・クレジット)

楽天銀行 評判…(保証会社 楽天カード株式会社または株式会社セディナ)

じぶん銀行 評判…(保証会社 アコム)auユーザー限定で【3.4-12.5%】の低金利で、おまとめ・借り換えを利用可能!

       

ローン審査の決定する主権者は銀行ではなく保証会社です。

保証会社とは、借りる人の信用力を判断してくれる会社です。この判断によりお金を借り入れることができます。ローン審査では、保証会社の判断が、決定要因となります。逆に言うと保証会社付きのローンを選ぶ事が重要でもあります。保証会社がないローンですと自社で審査をしなければいけないので厳しく審査をする側面があります。保証会社一覧

申込をした時点で、提携先の保証会社に自分の情報が伝えられ審査・管理をします。

       
よって、消費者金融に個人情報(自分の情報)を知られるのは敬遠したいとお考えの方は、
銀行発行の消費者ローンでも、保証会社が消費者金融ではない会社を選ぶ事です。
その中でも、保証会社がJCB/VISA/アメックス/ダイナース等と同じ属性の
信販会社や自社管理などをオススメします。
       
申込みの際には今一度、保証会社を確認しましょう。
銀行カードローン一覧
       
保証会社の属性を確認しましょう。
消費者金融 武富士・アイフル・アコム・SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)・レイク・ポケットバンクなど
信販会社 VISA・JCB・オリエントコーポレーション(オリコ)・オリックスクレジット・楽天クレジット・クレディセゾンなど
       
※返済を滞った場合、保証会社が銀行に一括返済するため、銀行からではなく保証会社から督促が来ます。保証会社はその貸し倒れのリスクを避けるため審査をします。よって今までに、オリコ・クレディセゾン(セゾンカード・ローン百選)・オリックスクレジット・楽天カード・プロミス・アコムなどに申込みをした時に審査が通らなかった方は自動的に融資は受けられません。
       
       
上記の過程において
銀行・信販が発行するローンに一度でも申込をした事がある方、
  もしくは年収500万以下で定期収入のある会社員の方。


パート・アルバイト・派遣社員・個人事業・自営業の方。
       
次のステップへお進み下さい >>>


おまとめローン審査基準

お金の相談をしたい方は


匿名でお金の相談をしたい方はこちら>>>